結婚式後、支払いのためご祝儀を開封。義両親の結婚式の話を聞いたり和気あいあいとしていたのだが、新婦(私)側の方のご祝儀袋を開けた途端、室内に気まずい空気が流れた。その原因を作った衝撃の中身がこちら→

2018年6月30日 カテゴリ:モヤっとする話 , 愚痴 , 結婚 , 衝撃的な話 , 非常識

21 :キチママさん 2014/07/31(木) 09:34:54 ID:uVje7VGjf
ちょっともやっとした自分の結婚式。花嫁ドリーム持続中だったら叩いて目を覚まして欲しい。
結婚式、披露宴はちょっとしたハプニング(事前にアレルギーがあると伝えた食材を出された)はあったものの無事に終了。
その後、式場への支払いのためご祝儀を開封。自分(新婦)が新婦側、夫(新郎)が新郎側を開封していた。その時、たまたま義両親が同席する形になった。
ご祝儀袋の種類の豊富さに驚いたり、義両親の結婚式の話を聞いたり和気あいあいとしていたのだが、私の方の招待客が一人、ご祝儀袋に一万円札をネ果でくしゃくしゃに入れていた。それに気づいた瞬間、室内がものすごく気まずい雰囲気に。義両親が止める間も無く、ご祝儀袋に書かれた名前を確認し、私の後輩と分かると「まだ若いから…」と言葉を濁す。額は気にしない、来てもらえるだけで嬉しかったけど、せめて後輩は今にも破れそうなお札は避けて欲しかった。義両親がせめていなければ、スルーしてくれれば…書いてみるとたいしたことないけど、ちょい不幸でした。



22 :キチママさん 2014/08/05(火) 14:26:11 ID:Jv8YVGe6v
>>21
普通はどんなに若くてもそのくらいの常識はあると思うけど。きっと銀行にお金を下ろしに行けなくて手元にあったお札がそれだけだったんだと思い込んで忘れよう!従兄弟の結婚式。
従兄弟の結婚式で叔父が挨拶をした。その時に従兄弟の勤め先の社長が出席しているのを見て
「社長が出席してくださるなんて甥っ子は幸福者だ。というのも私もとある企業の社長をしていたことがあり、、、」
とい以外延々社長だったときの自慢話。しかも要約すると
「自分が社長してたときは忙しくて一社員の結婚式なんて出席してる暇なんてなかった。甥っ子の会社の社長は出席する余裕会っていいよね」
とし若干従兄弟の職場をpgrする内容。
従兄弟はその後一年ほどでリストラされた。あのスピーチが原因ではないとは思うけど、少なくともお世話になった社長に恥少なからず不快感を与える内容のスピーチをしま叔父を恨んでいるらしい。

23 :キチママさん 2014/08/05(火) 21:27:17 ID:uExfLWIPj
>>21
それこそ、本当に若いからマナーを知らなかっただけなんだと思う。
教えてくれる人がいなかったらそんなものでしょ。>>22
それは恨んで当然だわ。

でも、誤字脱字が何か暗号みたいw

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

関連記事

人気記事

コメント

人気記事