主夫の俺。いつも冷静な妻の愛情を試すために浮気(性行為などなし)を匂わせた結果

2017年7月17日 カテゴリ:トラブル , 修羅場 , 夫婦 , 浮気

511 :キチママさん 2017/07/11(火) 16:18:18 0.net
◆現在の状況
妻に離婚を言い渡されている
◆最終的にどうしたいか
離婚したくない
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
32 主夫
◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
32 医者 1200
◆家賃・住宅ローンの状況
妻名義の持ち家 ローン無し
◆貯金額
俺500 妻1000 共同2500ちょっと
◆借金額と借金の理由
なし
◆結婚年数
6年
◆子供の人数・年齢・性別
なし
◆親と同居かどうか
どちらの親とも飛行機の距離
◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由
なし
◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)
3年前に俺が浮気した時にいつもは冷静な妻が取り乱して離婚したくないと泣き喚いた
俺は愛されてるのが分かって嬉しくてしばらくは浮気した罪滅ぼしの為もあり妻に低頭に慎ましく生きてきた
妻の冷静さは相変わらずでまた愛されてる実感が欲しかった俺はわざとバレるような浮気をした。一応言っとくが匂わせるだけで良かったので性行為などは無し
案の定バレて妻が俺に縋ってくるのかと思いきや
「じゃ、来月までに荷物まとめて出てっといてね。仕事が忙しいから手伝えないけど、持っていきたいものがあれば持ってっても構わないから。」
といつもの会話のトーンで言われた
これって離婚って事だよね?どうしたら離婚回避出来るかな
アドバイスください
512 :キチママさん 2017/07/11(火) 16:24:51 0.net
>>511
慰謝料ないだけ良かったね
513 :キチママさん 2017/07/11(火) 16:41:27 0.net
愛されてる実感が浮気して縋り付かれる事でしか持てないなんて可哀想
そういうのが好きなメンヘラと付き合ったらお互いwin-winだね
緑の紙もらってきて新しいメンヘラ捕まえな
514 :キチママさん 2017/07/11(火) 16:43:02 0.net
>>511
結婚生活お疲れ様
社会で働いてまともな社会性身に付けてから出直してください

本当、社会と繋がらないって、思考回路がおかしくなる良い例だね

515 :キチママさん 2017/07/11(火) 16:43:09 0.net
>>511
試し行為でした。最低でした。御免なさいと泣いて縋ってみたら?
まぁ、愛想尽かされてたらなにしてもダメだけど。
516 :キチママさん 2017/07/11(火) 16:54:59 0.net
浮気が妻を傷つけると知ってあえてそれを見せ付けた利己性が
愛も憎しみも吹っ飛ばして軽蔑の域に達したんでしょう
浮気が事実かどうかで弁解しても無駄
517 :キチママさん 2017/07/11(火) 16:59:47 0.net
愛されてる実感じゃなくて、嫁の縋ってくる姿が優位に立てたみたいで気分よかっただけでしょ
今さら謝ったところで泣き縋る嫁の気持ちより自分が気分良くなる方選ぶ男って事実は変わらない
今のうちに嫁の指示に従ったほうがいいと思うけど
519 :キチママさん 2017/07/11(火) 17:05:26 0.net
>>511
誰かも書いてたけど正直に全部話して謝るしか回避の方法はないとおもう。許すかどうかは奥さん次第だけど
あとそのバカみたいな承認欲求は自分でしか解消できないからちゃんと自分と向き合って考えた方がいい
525 :キチママさん 2017/07/11(火) 17:44:55 0.net
>>511
まず、仕事しろだなー。
なんで専業主夫がいままで許されてきたかは知らんが、家事やって家計も支えるのが償い行動だな。
そんな腐った承認欲求なんかをモンモンするヒマもなくなるだろうしー
526 :キチママさん 2017/07/11(火) 18:12:51 0.net
みなさんレスありがとうございます
一応仕事はやっていたのですが、ストレスで仕事を辞めて就活していた時期に妻から
「養えるだけの稼ぎはあるし、このまま仕事が決まらないのであればせめてその間は家事をして欲しい」
と言われています

性行為などはしていないのに浮気として離婚されてしまうのですか?
愛し合って一緒になった仲なのに、こんな事で離婚になるなんて何を間違えたんですかね…

謝りたくても妻は仕事が忙しく俺が寝てから帰宅し起きる前に出勤していて話す時間がありません
妻からメールが来ましたが、コーヒーメーカーだけは置いてっての一文だけでした
浮気はしていない。俺を愛しているのか不安だった
とだけメールしました

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

人気記事

コメント

人気記事