カテゴリ:子ども

用事で、近くに住む共通の友人に子どもを預かってもらう事になった。それで夜の8時半頃に子どもを迎えに行ったら、子どもから良い匂いがして衝撃!←嫁の育児が雑な事に気が付いた

2018年12月19日 カテゴリ:ご近所 , 友達 , 夫婦 , 子ども , 子育て , 愚痴

183 :キチママさん 2018/02/26(月) 23:17:11 0.net

うちの嫁凄くキャパが狭い気がしてきた。

後出しないように書いたら長くなった。

この前嫁が嫁親友の結婚式に行ったんだ。
日曜日だったんだけど、俺の仕事は日曜日に
休みが取れない職種で、日曜日に休みを取るなら5ヶ月位まえから仕事を調節しなきゃダメ。
嫁親友の結婚式招待打診が3ヶ月前だったから、俺は休めないので嫁親に子供を見てて貰う予定だった。
でも式1週間前に嫁親が葬式に行かなきゃダメになって、俺親も遠くて頼めないからどうするか~ってなってた時近くに住む共通の友人(女忄生・小学生と幼稚園の子あり)が私で良ければ見てようか?と言ってくれたんだ。
結婚式の日は友人旦那も仕事でいないし、暇だから私で良ければだけどーって。
渡に船って感じで嫁も是非お願い!となり、当日10時に嫁が子供を連れて行って、夜の7時に俺が迎えに行く予定だったんだけど急ぎの仕事が入っちゃって、結局迎えに行けたのが夜の8時半頃。

長いって言われたから分ける。

A子「またパパに怒られるよ?」A子ママ「食べ物は大事にしないといけないんだよ。ママはごみを減らしてるから、偉いんだよ」←好感度高めな美人ママのセコケチっぷりに驚愕!

2018年12月18日 カテゴリ:ずうずうしい , セコ , ママ友 , 子ども , 衝撃的な話 , 非常識

661 :キチママさん 2013/11/22(金) 11:20:25 ID:qRdol/J9

年少で幼稚園に入園させたら同じクラスに超~美人A子ママがいて、明るいしさっぱりした忄生格で友達も多く、みんなからの好感度も高かった。初めて見たとき片瀬那奈みたい!と思った。

ところが付き合ううちにセコケチというか「意地汚い」部分が露呈してきた…
子が幼稚園に行っている間に、同じクラスのママさんが6人ほど集まりホームパーティ。
そろそろお開き、という時にA子ママは「これいい?」とも聞かず、余った食材をねこそぎラップなどに包み始めた…。「うちの子たちすごい食べるのよ~」と言うのでみんなも「いいよいいよ~」という感じで気にしていなかった。

家庭内別居9年。嫁との会話月平均15秒。子供も小学5年生になったし、中学上がる前に離婚しようかなと考えてた矢先、俺の癌が見つかった

2018年12月18日 カテゴリ:切ない話 , 夫婦 , 子ども , 怖い話 , 衝撃的な話 , 離婚

862 :キチママさん 2013/02/22(金) 19:19:26
俺39歳、嫁37歳
家庭内別居9年。嫁との会話月平均15秒。
子供も小学5年生になったし、中学上がる前で離婚しようかなと考えてた矢先、
俺の癌が見つかった。
嫁と結婚し、ATMとして扱われ、人生どうでも良いと思って生きてきた。
仕事も激務だったけど、ボロボロになるまで働いた。家に居場所も無かったし。
医者が言うには、どうやら俺は
6ヶ月持てばイイ方らしい。あえて治療はしないで自然に任せることにした。仕事も辞めよう。残された時間は自分自身の為に使おう。

生命保険には入ってないから、俺がタヒんで嫁が喜ぶのが回避できたのが幸いか。
このスレの住人には言い残して行こう。

「人生は短い。お前らの人生は自分自身が楽しむ為だけに有る」

じゃ俺は先に逝ってるから、お前らは後悔しない脱ATMライフを送ってくれ。

パラヒキニートのバツイチコトメ姉はコトメコを姫扱い。ずっと甘やかして躾らしい躾もせずに蝶よ花よと育てた。そんなコトメコが、私(妊娠中)のお腹目掛けて攻撃してきた!

2018年12月16日 カテゴリ:DQN , キチ , 修羅場 , 子ども , 怖い話 , 犯罪 , 義妹 , 義姉 , 衝撃的な話 , 非常識

286 :キチママさん 2008/04/04(金) 20:16:03 O
ウトメ、パラヒキニートのバツイチコトメ姉はコトメコを姫扱い。ずっと甘やかして躾らしい躾もせずに蝶よ花よと育てた。
お陰でコトメコは、妊娠中の義妹のお腹に向かってわざとキックして流産させたり、私が大事にとっておいた食器を割ったりと無茶苦茶する馬鹿ガキに育ってしまった。
今日、私が妊娠した事を告げにウトメ宅にお邪魔すると、案の定私のお腹目掛けて攻撃を繰り出すコトメコ。
思わずコトメコの手を押さえ思いっきり殴ってしまった。

夫と離婚し、養育費を月10万ほどもらっていたんだけど、ここ1,2ヵ月振り込まれていない。催促の電話をしても出ないので、元夫の職場に直接出向いた結果→

2018年12月15日 カテゴリ:お金 , トラブル , 子ども , 子育て , 相談 , 離婚 , 非常識

770 :キチママさん 2017/05/29(月) 22:30:16 ID:bM1
子供を妊娠した頃から夫との関係が急激に悪化し、出産の準備として
実家に帰ったのを機に夫と離婚し、養育費を月10万程貰っていたのですが、
ここ1,2ヶ月養育費が振り込まれていません。元夫に催促の電話をしたのですが出ません、どうやら着拒されてしまってるらしく、
元夫が勤務している会社に電話したのですが、「彼は退職した」と言われてしまいました…
一応元夫が住んでいたマンションには行ってみようと思うのですが、既にもういない様にも思えます。

夫の行方が分からない以上養育費の請求も出来ず大変困っています。
仮にどこかに訴えようにも居場所が分からないと訴えられないものなのでしょうか?
また訴えた場合、裁判所が元夫の行方を探してくれるのでしょうか?
現在は貯金を切り崩しながら生活していますが、いずれ困るので本当に焦っています。
良い対策の知恵をお願いします…

【愚痴】家のそばにおにぎり屋さんができることになって、上の娘3歳がそりゃもう楽しみにしまくってた。開店当日、ワクワクしている娘を連れて行くと、何故かシャッターが閉まったまま・・・

2018年12月14日 カテゴリ:ご近所 , モヤっとする話 , 子ども , 愚痴

40 :キチママさん 2018/05/11(金) 13:03:00 ID:plm

愚痴

家のそばにおにぎり屋さんができることになった。
チラシもポストに入ってて、上の娘3歳がそりゃもう楽しみにしまくってた。
オープンまであと1週間だねー
5日だねー、明日だねーと凄くワクワクしてたのに
今日お店に行ってもシャッター閉まってた。
近所の人たちも「あれ?今日だよね」とか言っててチラシと店を交互に見てた。
娘、ショックで落ち込んでしまってご飯も食べずに寝ちゃった。
昼休み中の旦那にそのことを話すと「出勤の時(7時頃)開いてたよ」とのこと。
娘と行った時間は10時。
チラシには7時~18時って書いてる。
もしかしたら朝、昼、夕方しか開けてないのかもしれないけど、今のところまだ開いてるのを私は見ていない。
娘が寝てる間に明太子おにぎり、シャケおにぎりを作っておいて、娘は喜んで食べてくれたけど
オープンの日に時間を決めてしか開けないなんてなんだかなあと思った。
隣の人が朝一で買いに行った時、50種類のおにぎり、天ぷら!と書いてたのに天ぷらはないわ、おにぎりもコンビニで揃うような6種類くらいしか今は用意できません(キリッ)と言われたみたいだし
早々に潰れるのが想像できてなんとなくカキコ。

高校生の子どもが二人いる。春休みの間に古い教科書やノートをまとめるように何度か言ったがやらなかったので、代わりに整理したところ弟にキレられた!

2018年12月13日 カテゴリ:トラブル , 子ども , 家族 , 愚痴 , 相談 , 自業自得

381 :キチママさん 2018/04/24(火) 14:53:39 ID:ZASXi5J30.net

下らない事だけど責任割合などを聞きたいです。高校生の二人兄弟。時系列順。

・春休み前に二人とも教科書を持ち帰り、同じ大きな箱に入れた。
・弟はその後新学年の教科書をビニール紐で縛った状態で持ち帰り、箱に積んだ
・兄弟に春休みの間に古い教科書やノートをまとめるように何度か言ったがやらなかった
・兄は春休みの終わりに母(私)に怒られ渋々本をまとめ、ビニール紐で縛った
・その際私が弟の新しい教科書(とはわからなかった)を兄に見せ「これは新しく見えるけど本当に捨てるものなのか」と聞いたら「そうだよ全部捨てるんだよ!」とキレ気味に返された
・リサイクル収集日に係の家族が新しい教科書も収集所に出したと思われる
・弟「新学期なのに俺の新しい教科書がない、どこやった」

・母「再三言われたにも関わらず古い教科書の処分、新しい教科書の管理をしなかった弟が良くないが、兄に確認した時ちゃんと見てたのか?」
・兄「俺は新しい教科書なんか知らない」
・弟「母が悪い、見れば捨ててはいけないものだとわかるはずだ」

呆れる内容だとは思いますが、意見など願いします。

【修羅場】私の母は私が幼い頃に、弟を出産した時のトラブルで他界した。そのせいか母方の親戚からは弟ばかりが優遇され、そんな弟を邪険に扱う私は冷遇された

2018年12月13日 カテゴリ:修羅場 , 切ない話 , 子ども , 家族 , 衝撃的な話

410 :キチママさん 2018/04/26(木) 18:46:45 ID:HAf
私の母は私が幼い頃に、弟を出産した時のトラブルで他界した。
母が突然居なくなって悲しくて、私は弟のせいで母がタヒんだと弟を恨んだ。
母方の親戚から、弟は母親の温もりを知らなくて可哀想。
事故みたいな産まれ方をしたせいで、身体が弱くて可哀想。
そんな風に弟ばかり優遇されたのも、弟を嫌う気持ちに拍車をかけた。
弟は母方の親戚にそうやってちやほやされていたから、弟を邪険に扱う私は母方の親戚から冷遇された。
特に伯父からは毛嫌いされていた。先日、母の法事があった。
途中で私はトイレに行ったんだけど、戻ってくる途中で、母方の親戚が立ち話をしているのに遭遇した。
○○(私の事)は相変わらず我儘で可愛げがない。
三つ子の魂百までというけど、本当にそうだ。
自分の我儘で母親を杀殳しておいて、何であんなに平然としていられるんだ。
あの子が我儘さえ言わなければ、△△(母)はまだ生きていられたのに。
□□(弟)だって、あんなに予定外に早く産まれて、病気がちになって本当に可哀想。
××さん(父)がなんで○○をあんなに甘やかして増長させるのかが本当に理解できない。

私に気が付かないまま、こんな感じの話をしていた。
その言葉を聞いた瞬間、母が亡くなる前の事を鮮明に思い出した。
あの頃、お腹の大きくなった母は、体調が悪く寝ている事が多かった。
遊んだり抱っこしてもらったりしたかった私は、それがものすごく不満だった。

ある日、どうしても外で遊びたいと駄々をこねて、近所の公園まで母を連れ出した。
ちょっと休ませてと言う母を許さず、滑り台で遊ぶ、ブランコで遊ぶと連れ回した。
そして、ブランコで遊んだ時、いつもより揺らす回数が少なかった事に腹を立てて、私はブランコを漕いで思いっきり母にぶつけてしまった。

母はお腹を押さえてうずくまって、そのまま動けなくなった。
その時ようやく、とんでもない事をしたと理解したけど、どうしようもなかった。
私の泣き声を聞きつけた近所の人が気が付いて、母は救急車で運ばれたけど、助からなかった。

母が居なくなって不安定になった私を落ち着けようと、父は、母が亡くなったのは私のせいじゃないと繰り返した。
私のせいじゃないって思い込もうとして、それでこの時まで忘れていたんだと思う。
全部思い出して、急に気持ち悪くなって、トイレに引き返して嘔吐した。

今まで、母方の親戚からどうして私だけ嫌われてるのかものすごく不満だったけど、そんな経緯があったら当然だと思った。
自分のしたことをすっかり忘れて、自分のしでかした事で産まれた時にタヒにかけた弟を邪険にしてた。
そんな姿を見ていたら、子供のした事だからなんて絶対に言えない。
特に伯父からしたら、自分の妹を杀殳した人間が反省もせず好き勝手に生きてるって思えて、憎かったんだろう。

法事が終わってから何日か経つけど、心の中がずっと修羅場。
今更思い出しましたごめんなさいって言っても、それがどうしたってなるだろうし、ここに吐き出し。
正直、もうどうしていいか分からない。

中学の頃、とある女の子と友達になった。やけに馴れ馴れしいが、憎めないタイプ。少しして私は、彼女に対して悪い印象を持った人は成績が下がったりしていることに気が付いた

2018年12月13日 カテゴリ:不思議な話 , 友達 , 子ども , 怖い話 , 衝撃的な話

78 :キチママさん 2014/02/16(日) 22:27:49 ID:G1w8+PBfP.net
中学の頃、とある女の子と友達になった。引越しに引越しを繰り返しているそうで
(親の仕事だろうなと、思っていた)いつまで、ここにいられるかわからなんだ、と
言っていた。妙に馴れ馴れしいのだが、そこがかわいくて憎めない。
そして、手作りクッキーだの、これ美味しいから、と振舞うから益々まわりは
憎めない。特に私には馴れ馴れしかった。いいんだけど。
私はある事に気付いた。彼女に対して悪い印象を持った人は成績が下がったり、登下校
中に、不良(古いなー・・・今は何て言うんだろう)にからまれてお金を取られたり。
逆に彼女に好かれた人は漫画雑誌の懸賞に連続して当たったり、財布を拾ったり
思いがけないお小遣いをもらったり。
私だけが気付いていた。人に話しても笑われた。そして、「それ」を話すたびに
何かの気配がある。しばらくして、霊感の強い叔母が九州から来て、私を見るなり
「あんた、イヌガミが憑いてるね」何のことかわからなかった。何しろ、今みたいに
ネットはないし、本だって本屋になければそれまで。
「だけどあんたは大丈夫だ。」そう言って帰っていった。
20年以上たった最近、ふとしたきっかけで「そういう事がわかる人」に出会った。
いきなり「あなた、イヌガミ憑いてますよ」イヌガミ?何か聞いたことあるな・・・と
今は亡き叔母のことを思い出した。「言われました!それ!20年も前ですけど!」
「あんた、イヌガミ憑きと関わったね。その人から色んなものをもらっただろう。
食べただろう?覚えとくといい。憑き物筋はやたらとモノを送るんだ。動物を乗せる
道を作るためにね。みんな、短命だったり、いきなり不幸になったり。だけど
あんたが平気だったのは、四国犬を大切にしてたね?四国のモノには四国のモノだ。」
誰にも懐かない四国犬が隣にいた。が、私にだけは懐いてくれていて本当の友達だった。
初めての友達だった。
イヌガミとは何か、そこで初めて知ってぞっとした。そして私だけが無事だった不思議の
謎も解けた。「私、生まれは四国なの」とサラッと言ったことも突如にして思い出した。


人気記事