カテゴリ:武勇伝

アメリカ留学中の妹が、ホストファミリーから差別を受けていると知り、ブチ切れて電凸した結果・・・

2016年11月22日 カテゴリ:スカッとする話 , 武勇伝

328 :名無しさん@おーぷん
数年前に下の妹が、通ってる学校の斡旋でアメリカに語学留学することになった
当時新卒だったけど、入った職場を4ヶ月で辞めてニートだった私は
仕事をする気力もなく、暇だったので妹とメールをやりとりしていたのだけど
ある時点から1日何通も来ていたメールが、ぷつりと途切れたことがあった
最初は友達でもできて、寂しくなくなったんだろうなーと思っていたのだが
安否確認のためにメールをしていたのもあって、「何かあった?」とメールをしてみた
すると、ホストファミリーには食事付きの条件で高い家賃を払っているのに
他の国の留学生との待遇の差が激しく、妹の分だけ食事がなかったり、シャワーが使わせてもらえなかったり
パソコンを使わせてもらえなかったりしているとのこと

頭に血が昇ってその場でホストファミリーに電話をかけた
留学なんてもちろんしたことないし、英会話教室に入ったこともないただの洋楽アイドルオタクの私
40〜50代くらいのおばちゃんが出たけど、「私の妹がちゃんと扱われてないってどういうこと?!
あんた何様のつもりなの?!」というようなことをまくし立てた(つもり)
「あんたの件、大学にも報告するから!」と言って電話を切った
聞いてるだけで英語が話せるようになるCDじゃないけど、この時ほど洋楽アイドルオタクでよかったと思ったことはない

その後日本の学校と現地の大学に報告して、妹はホスト先を変更した 
私は普段ブチ切れるタイプではなくて、電話した次の日熱を出して寝込んだ

今の時期になると思い出す、私の武勇伝でした
あんまりスカッとする話じゃなくてごめんなさい

あ、今私はニートじゃないよ!

クズ担任「Aさんが転校したw」イジメ軍団「ヤッターww」→その後、町では失業者が激増して・・・?

2016年11月19日 カテゴリ:スカッとする話 , 武勇伝

331 :1
20年以上の話で、厳密に当事者ではないので
詳細が色々と不明で申し訳ない。

私の地元は都心まで一時間半の微妙な田舎だった。
ちょっと前まで農村で、現在は完全なベッドタウン。
だから、元田舎者が頑張っちゃってる感の強い町だった。

小学校二年生の時に転校生Aちゃんが来て仲良くなった。
Aちゃんは荒俣先生と春日を足して二で割ったような人で
つまり変人だった。でも顔はエンクミみたいで可愛かった。
明るくて面白く良い意味で雑な性格で、人気者になった。
Aちゃんを好きな男の子も多かったと思う。

でも5年になった頃にAちゃんへの苛めが始まった。
きっかけはボス女子グループの、多分嫉妬だと思う。
何かあったのかもしれないけど、良く分からない。
それにボス男子グループが同調して、まずシカト。
Aちゃんは変人なので左右違う靴下を履いてきたり、
変な言葉使いで話したり、流行も知らなかった。
今までそういう部分を皆好きだと言っていたのに、
掌を返したようにそこをつつき始めた。
キモイ、シネ、クサイ、クルナ、キチガイ。

私や、元々本当に仲が良かった人達は気にせず
付き合っていたけど、一緒になってばい菌扱いされるので
Aちゃんが気にして距離を置くようになった。
Aちゃんは虫が好きで良く見ていたけど、それでばい菌扱い。
絵が上手くて飾られていたけど、泥をつけられて破られてた。
運動会でAちゃんが門制作などを担当する事になったら、
「こいつがやるなら運動会ボイコットする」って騒いで
担任も止めないでニヤニヤするだけ。
Aちゃんが中学受験するから気に入らなかったんだと思う。


人気記事