カテゴリ:衝撃的な話

クソウト「大黒柱を支えるのは〇家の嫁の務め!」私「ちょw大黒柱ってwww○家の柱はいつからシャーペンの芯になったのwww」←ドヤ顔で自己中発言するクソウトが面白過ぎたwww

2018年8月4日 カテゴリ:DQN , DV , エネ夫 , キチ , 修羅場 , 夫婦 , 嫁姑 , 家族 , 衝撃的な話 , 離婚

838 :キチママさん 2014/12/28(日) 20:50:33 0.net
良トメがクソウトと離婚を決意し、年明けからうちの近くに引っ越して来る事が決定したよ
トメさんからさっき電話があり、嫁子ちゃんのおかげで勇気が持てたの、ありがとうねって言われて、テンション高いので文章が変ならゴメンクソウト、会社で問題起こしてクビになった
そんで、収入無いなら息子に集ればイイ!と言うわけで同居要請
旦那はウトと不仲なので、私だけ呼び出されて旦那を説得して来いと命令
「大黒柱を支えるのは○家の嫁の勤め!(キリッ)」あまりにドヤ顔で自己中発言するもんだから、思わず爆笑してもうた

「ちょw大黒柱ってwww無職無収入の癖に何か支えてるつもりとかイタイwwwってか、無職の柱とかw○家の柱はいつからシャーペンの芯になったのwww
ウケる、ちょーウケる!ぶっちゃけ、この家支えてるのって家事も仕事も1人でこなしてるトメさんじゃないですかーwウトさんは何を支えてるんですかー?答えられまちゅかー?」

なんか、やる夫が憑依したかのように机バンバン叩きながら爆笑してたら、ウト手近に有る物投げてブチ切れてた

もー話になんないから、オロオロしてるトメさん連れてランチして、色々話してるうちにトメさんも今まで話さなかったウトの愚痴をポツリポツリと話しだした
そこから、エネmeから目が覚めるのは早かった

今トメさんは自分の実家に数年ぶりに帰省して、思いっきり羽を伸ばしてるみたいです
幸せな年末を送れそうでなにより

AママとBママはお互いに顔が広く、ママ友同士どちらが上という間柄ではなかった。ところが子どもの間に上下関係が出来た途端、Bママがキレて周囲を巻き込む修羅場に発展!!

2018年8月3日 カテゴリ:いじめ , ご近所 , キチ , マウンティング , ママ友 , 修羅場 , 友達 , 子ども , 怖い話 , 衝撃的な話 , 陰湿

911 :キチママさん 2011/06/14(火) 17:45:08 0
ママ友グループの修羅場。
AとBは仲良し。どこでも一緒に行くし、経済力も同じくらいでこの辺では上品な人たち。
Aは戸建て派閥、Bは万村派閥で、2人とも顔が広かった。ママ同士はどちらが上という
ことはなかったけど、子供同士は上下関係ができた。
・体格の大きいAの子がジャイアン。
・気の弱いBの子がスネオ。3歳同士そんな関係になりがちなんだけど、Bママがキレた。Aママの悪口&Aの子の
暴れっぷりを吹聴。無関係なご新規の公園来場者にまで吹き込んだ。
元々体格がいいからAの子は公園でも遠巻きにされがちだったんだけど、噂でさらに
遠巻きにされた。実際はAの子は女の子には優しかったし、男の子同士でもめても
しつこい子ではなかった。Bの子はしつこいし、すぐママに言いつけるし、まんまスネオ。

いつも人に囲まれていたAママは、ポツン。遠くの公園まで遊びに行くようになったが
そこで出会った見知らぬママにまで噂が及んだのを知って、そっと引っ越して行った。
その後私は転勤で引越しになったけど、噂ではBの子のスネオ→マザコン化が激しいらしい。

「あなたはどっちの味方なの!」とBママに聞かれたのが個人的修羅場w
味方も何も私は『派閥外pgr対象』だったのに、怖かったー。

【ロミオ】元カレ「お前に俺を幸せにする努力なんかできないってわかってる。でも許すよ」←一昨日別れた元カレから、理解不能なメールが来たんだが

2018年8月3日 カテゴリ:DQN , キチ , 家族 , 自業自得 , 衝撃的な話 , 非常識

613 :キチママさん 2010/08/17(火) 02:50:11 O
お前がいたから苦しくて腹が立って淋しくて切なかった
お前がいないと何もないんだ
お前に俺を幸せにする努力なんかできないってわかってる
でも許すよ
だから心は求めない
せめて物理的に満たして欲しい一昨日別れた、お盆に誕生日を迎えた元カレから。
今年は可愛がってくれたひいばあちゃんの新盆だから、どうしても実家に帰りたかった。
「俺よりタヒ人なのかよ」って怒鳴られてさめちゃった。
当日は無理でもちゃんとお祝いするつもりでプレゼントまで選んでたのになあ。

営業「あなたに頼んだファイルが消えている」私「バックアップありますよ?」営業「いらない」←中途採用で入って来た男は、ビックリするほど仕事が出来ないクソ野郎だった!!

2018年8月3日 カテゴリ:仕事 , 愚痴 , 職場 , 自業自得 , 衝撃的な話 , 陰湿 , 非常識

748 :キチママさん 2016/06/10(金) 17:51:38 ID:xJI

昔々、事務員をしていた頃、

小太りのカバみたいな男が中途採用の営業として入ってきた。
おとなしかったが、あまり仕事がテキパキできる方ではなかった。
直属の上司も仕事ができない人で、出先から電話でそのカバにイロイロ指示を出していた。

そのカバが、出先から電話をかけてきて、私が受けた。
カバのパソコンを開いて、ファイル操作をしてほしいという依頼だった。
しょうがないのでやってやった。
すると帰社したカバが「あなたに頼んだファイルが消えている」と言ってきた。
「バックアップとってあります」
と言ったら、「いらない」と言って席に戻っていった。
私は「?」

後日、その営業部の人に聞いたのだが、カバは上司に電話で頼まれてファイルの転送を頼まれ、
ファイルの操作をして誤って消してしまい、えらく怒られたそうな。
どうやらその腹いせを他の人にしたかったらしい。
以来、カバからの依頼は断るようにした。
その営業部の人たちも、カバから電話が入ると用件も聞かずに叩き切っていたそうな。

カバは短期間で辞めた。

人の良くないところを取り入れてマネする奴は、
人の悪いところを寄せ集めたクソ野郎になることが衝撃だった。
反面教師にしてる。

俺は手先が器用で、料理や手芸なども得意。いつか結婚したら、妻と一緒にできたら良いなーって密かに夢見てる←手芸のデザイン画を彼女に見せたら「男のくせに」と罵られたんだが…

2018年8月3日 カテゴリ:恋人 , 自業自得 , 衝撃的な話

227 :キチママさん 2015/06/02(火) 21:46:05 ID:exv

改行とかおかしかったらすまぬ。お互い価値観合わなかった&元カノが屑に成り下がった件\(^o^)/

俺は手先が器用らしく、料理はもちろんのこと、マフラーを始めとした小物類作成の手芸も特技。保育園の時にマフラー作りをしてから、作ることが楽しくて。
手芸については今はボタン付けや服がほつれたら修繕するぐらい。たま~に姪っ子がキャラグッズを欲しがるらしく、義兄嫁にデザインや作り方を教える程度。教えるというかラフをスキャン→それをメールね。
いつか結婚したら妻と一緒にできたら良いなーって密かに夢見てるw

料理作りに面白を感じ、コックになるべくその道を進んだ。だが事故等があって辞める事に。
その後は第二の社会人生活をスタートさせ、その転職先で元カノと出会い交際スタート。

でね、男のくせに料理だなんて!手芸のデザイン等に使ってたノートを見て、手芸だなんて!とぶつくさ小言が多かった。日毎に増えた。
男なら稼がなきゃ!と焚き付けられるも同年代と比べたら稼いでる方。同じ会社なんだから、収入良い方だとわかるだろうよ。

別に迷惑かけてもないしちゃんと会ったりもしてる。ただ特技が気に入らんのか、それが女々しいと思うのか。
こちとら週に1度ジム通ってそこそこ鍛えてはいたものの、女顔のせいかパッと見で男らしさがあまり感じないらしかった。
じゃあもういいわ、もう別れようとバイバイ。
俺も料理してる度に隣で小言こぼされるのも正直いらっとしてたし。もうすぐ三十路の男に特技含めて女の子みたーいといつまでも茶化すのもガキっぽい。すっかり冷めてた。

弟をいじめている奴らをマックで見かけたんだが、会話の内容に戦慄した。妹の身が危ないと思った私が、妹にとある技を教え込んだ結果www→

2018年8月2日 カテゴリ:DQN , いじめ , キチ , 子ども , 学校 , 家族 , 怖い話 , 衝撃的な話

695 :キチママさん 2015/10/04(日) 04:00:05 ID:Gia
眠れないので書き込み。
当方長女で弟、妹2人の4人兄弟。
昔、弟がかなりひどいいじめにあってて、ガタイの良かった私は止めに入ってたんだけどいじめは止まなかった。
私がぼこぼこにしたいじめっこ共がマックにいてだべってたから話が聞こえたんだけど内容が恐ろしいものだった。
××(弟)の妹がかわいいから大勢でやっちまおう、みたいな内容でブチギレた。そこで飛び出してぼこぼこにしてやろうと思ったが、何度ぼこっても弟が倍返しされるので意味がない。警察に言っても未遂だし、親に相談したらまたブチギレての繰り返しだけだ。

考えた末、妹には自分の身は自分で守ってもらうことにした。

妹はひいき目に見てもかなりかわいい。
下校時、そいつらに囲まれた時私が教えこんだ技を披露した。

「うんこうんこー!ぎゃははは~鼻くそターベル~?ち〇ぽこおま〇こ!グッへへへへ」

こんな内容でアヘ顔した妹にいじめっこ共はドン引きしたらしく、妹は踊りながら奴らに近づいたら逃げたらしい。
そしてなぜか弟へのいじめもなくなった。

そう、妹には、「お前は可愛いから変な男が近づいてきたら基地のふりして踊りながらこう叫べ」
と放送禁止用語を教えまくっていたんだ。
弟を守れて良かったけど妹にへんな噂がたってもてなくなってしまったのは計算違いだった。

【小さな親切】深夜のラーメン屋で、隣に疲れた感じの若いお姉さんが座った。お姉さんはラーメンを頼んだんだが、食べ始めた途端に様子がおかしくなった!!

2018年8月1日 カテゴリ:モヤっとする話 , 衝撃的な話

831 :キチママさん 2004/08/24(火) 00:43:00 ID:H9Y+O3aJ
4年前、まだ学生だったころのわしの体験談。
深夜に、ラーメン屋に入って、肉ねぎ炒め定食を食っていた。
そこへ入ってきた、若い疲れた感じのお姉さん。たぶん、働いている人だったはず。
店のテーブル席は埋まっていたので、お姉さんはわしの隣のカウンター席に座った。
そのお姉さんは、ラーメンのみを頼んだ。530円。税込。
しばらくしてラーメンが来て、お姉さんが食べ始めたと思ったら、
そのお姉さんがびっくりした表情を浮かべている。ふと店員を見ると、意味ありげな表情を浮かべている。

ふと横を見ると、お姉さんのどんぶりのそこに、厚切りチャーシューが
これでもか!!
というぐらいに敷き詰められているのが見えた。
その上には普通にラーメンだから、見た目は普通のラーメン。
実質、チャーシュー大盛チャーシューメン。

たぶん、疲れた感じのお姉さんを見て、店員さんがサービスしたんだろう。
ええはなしや・・・わしはちょっと胸がスーッとした。

でもお姉さんの胸は、むかついていたようだ。怒っていた、という意味ではなくて。
がんばって完食した、疲れた感じの若いお姉さん、GJですた。

【ロミオ】5年前くらいに別れたメンヘル元彼から、友人経由でメールが来た。元カレ「当時の俺は◯◯さんとの身分の差に臆病になってて傷つける事しか出来なくて…!」←どうやら元カレの中で記憶が捏造されたらしい

2018年8月1日 カテゴリ:DQN , キチ , 浮気 , 衝撃的な話 , 非常識

253 :キチママさん 2011/10/11(火) 18:51:07 0
5年前くらいに別れたメンヘル元彼から友人経由で来たメール
(※向こうは私の連絡先は知らない。携帯変えたし引っ越したし)◯◯さん、元気ですか?
いきなりこんなメールを書いてごめんなさい
◯◯さんと出会ったのはちょうど今くらいの時期だったなって思い出したら、無償にあの頃の日々が思い返されて…

◯◯さんと××行って△△したね
(以下付き合っていた時に行った場所やした事などが羅列)

あの頃は子供過ぎて、◯◯さんを傷付けて、本当にごめんなさい
ただ、近況が知りたいだけなんだ
◯◯さんが元気にしてるかどうか、それだけが気掛かりで
最近寒いから華奢な◯◯さんは病気してないか心配です

別れた理由は元彼の二股
元カノと寄りを戻して同棲してたの隠して私とも付き合ってたwww
中距離だからバレないと思ってたらしい

メンヘルで自分に不利な事実があれば逆ギレ、別れる別れる詐欺、挙句リスカを繰り返し、
私が仕事中でもくだらないメールを何件も送ってきて、返さないと切れて、凄い消耗した
元カノとよりを戻してからは俺様入ってきて、凄い横柄な態度に変貌

別れてからは共通の友人に私の悪口吹き込みまくってた事知ってるんですけど…
よくもまあこんなメールを送れたもんだ
記憶が捏造されたのだろうか?

【修羅場】具合が悪いと言う彼女の家にアポなし訪問。不穏な空気を感じて少しだけドアを開けると、彼女に馬乗りになっている男の背中が見えた。俺「てめー何やってやがる!」男「?!」

2018年8月1日 カテゴリ:キチ , 修羅場 , 怖い話 , 恋人 , 犯罪 , 衝撃的な話 , 陰湿

25 :キチママさん 2009/08/29(土) 21:18:09 ID:J4ROrKrH0
婚約記念に昔の修羅場投下。
結構フェイク入れてるのでおかしなところがあるし長いがすまん。A男・・・俺 21才 大学3年
B子・・・A男の彼女 21才 大学1年 付き合って6年
C男・・・B子の大学同期 19才 B子にアプローチをしていた

B子と付き合って6年目、彼女の大学の関係で遠距離恋愛になることに。
お互いに忙しかったが1ヶ月に一回は会えるように2人でいつも調整していて遠距離になってからも関係は順調だった。
大学に入って体育会系の部活に入ったB子。ある日試合で好成績を上げたから急遽打ち上げの飲み会をすることになったと連絡が。
その日、久しぶりにB子の所に泊まりがけで逢いに行くことになっていたが、ちょうど自分の大学の実験がなかなか上手く進まず
行けないかも知れないと連絡を入れようとしていたので仕方ないねと逢うのを断念していた。

B子とメールのやり取りをしてから、全然進まなかった実験が何とか形になり実験結果のレポート提出やらが意外と早く終わり
携帯をチェックしていると、飲み会の筈のB子から具合が悪くて結局途中で帰ってきたというメールが。
その時19時を少し過ぎていたが、実験も終わったし元々泊まりで逢う約束をしていたしで内緒でお見舞いをしにいくことに。

急いで新幹線に乗りB子の地元へ。家に向かいながらもう寝ちゃってるかな?と思いつつB子の好きな紅茶や食べ物を
途中のスーパーで買い込みいざアパートへ着くと、部屋に電気がついていた。
この時、すでに22時過ぎ。具合悪いのに起きてる?と不思議に思いながらもびっくりさせたくて俺はその時
ただわくわくしながら慎重に鍵を開けてドアに手をかけた。今でもこの時のことを思い出すと血の気が引くし
変なものがこみあげてくる。俺は中の様子を窺おうとゆっくりとドアを開けたんだが、少し開けた所で不穏な空気を感じた。
部屋の中から、持続的に何かをぶつけるようなガンゴンという鈍い音が聞こえくぐもったように「ぐっ」とも「う゛っ」
ともつかない声が聞こえた。瞬間反射的にドアを開け放つ。彼女の上に馬乗りになっている男の背中(後のC男)と、争った後が見られる
リビングやらものが散乱している廊下が目の前に飛び込んできた。


人気記事