タグ:父親

ついさっき父と母と歩いてたら、父がJK風の女の子二人組とぶつかった。一応こちらから謝ったら、「オッサンに触られたー痴/漢じゃね?」って。そしたらそのJK風の子に母が一言→

2020年2月18日 カテゴリ:ほのぼの , スカッとする話 , 夫婦 , 家族

184 :キチママさん 2017/02/05(日) 14:48:05 ID:33E3fdBt.net
ついさっき父と母と歩いてて
父がJK風の女の子二人組とぶつかって、お互いにぶつかった感じだったけど一応謝ってた。
そしたら、オッサンに触られたー痴/漢じゃね?キモーみたいな反応されて
父、(´・ω・`)←こんな顔になってた
それを後ろを歩いてた母が見て、そのJK風の子に「違うわよーあのオジサン面食いだから。安心して」って爽やかな笑顔で言っててフイタ

【修羅場】定年目前の父が入院した時の事。家族でお見舞いに行ったら父は寝ていたんだけど、そこに父の部下が10人ほど訪ねてきた。部下「離婚しろ」母「本当にそう思います」部下「!?」

2019年12月22日 カテゴリ:スカッとする話 , 修羅場 , 夫婦 , 家族 , 浮気 , 衝撃的な話 , 離婚

264 :キチママさん 2016/07/16(土) 23:20:33 ID:Fvs
定年目前の父が怪我で入院した。
幸い軽度で、経過さえよければほぼ全快して退院できると医師にいわれた。
家族(母、私、姉)でお見舞いに行ったとき、父は寝てたんだけど、父の職場の人が数人訪ねてきた。
母と同い年くらい(50代くらい)の女性が泣きながら眠る父に駆け寄り、父の手を取り跪いた。
他の数人(若い人も父くらいの人も男女10人くらいいた)は、母に離婚しろと言う。曰わく・父と、このAさんは両思いで、深い絆で結ばれている
・やましいことは何もしてない。しかし父に何かあったときに何も出来ないAさんがあまりに不憫である。
定年退職後では、大っぴらに会うことも出来なくなる。
・今日だってAさんはあなた方を気遣って来ることを躊躇っていた。
しかし、ごらんの通り誰よりも父のことを想っているんですよ…等々。
言い返したかったが、母が静かに聞いていたので黙っていた。姉も同じ。くだらない意地で旦那さんを縛り付けないで下さい…と続けた相手に、母は穏やかに「えぇ、本当にそう思いますわ」と答えた。
泣き叫ばれるとでも思ってたらしい職場の方々が、思わずえっ?と声を出した。
「後生だから別れてくれと言ったって、いい大人が大泣きしながら駄々捏ねて。
こっちも疲れてしまって、娘らも気付いてないし、定年を機に疎遠になってくれればと思ってたんですよ」
母は静かにキレていた。
「それがねぇ…娘にも知れてしまったことですし…。
本当、群れなして突然押し掛けてくるような、こんなに素敵な部下たちに恵まれてて(すっごい、嫌みっぽかった)一体何が不満なんでしょうねぇ」
小首を傾げる母を見ながら群れの中では静かに会議中。話が違う、とかなんとか。

Aさんは想定外の母の態度にポカンとしながら、それでも父の手を離さなかった。
すると母は「せっかくだから本人にはっきり聞いてみましょう」と父を揺り起こした。
緩やかに目覚めようとした父だったが、手を握ってるのがAさんであること、その後ろで母が菩薩のような笑みを浮かべるのを見て目を見開いた。
「ねぇあなた、Aさんてば素敵な方じゃないの。もういい加減一緒になってあげたら?
私には到底及ばない絆で結ばれてるんでしょう?」
見てわかるほどにブルブルと震えて、「違う違う」と泣きながら首を振る父。
ふと父の下半身を見て、何かに気づいた母は
「あら、お小水?私はいない方がいいみたいだから、皆さんにお手伝いしてもらって下さいね。
職場公認の愛人なんて娘に晒して、もう恥ずかしいものなんてないでしょう?」
そう言って、父の下半身をむき出しにして、私たちを促し病室を後にした。

その後、母と私は一時姉の家に居候。
父の退院より早く母は新居(親戚所有の空き家)を見つけて私と引っ越し。
どんなやりとりがあったか教えてくれないが、母はあの日以降一切病院に行くどころか父と会ってない。
本当に離婚「だけ」していない状況で、数年経過。

母は知らない風で語ってたけど、父が浮気をしてるのは私も姉も知ってた。
まさか職場公認で、お花畑な感じだったとは思わなかったけど。
母に聞いても「うん、お父さんと話してるから」
と、はっきり言わなくても察してねって感じだったので、それ以上は聞かなかった。

母に取り繕ってと縋るばかりで母への謝罪も何もない父にはもう興味がないけど
ぞろぞろと個室に押し掛けてきた人々が、どんな展開を希望してて、今どんな心境なのかだけ興味がある。

2歳半の娘がいるんだけど、俺の顔を見ただけで泣かれる。仕事であまりいないからやっぱりそれが原因?ちょっと前までは全然そんなことなかったのに…

2019年12月9日 カテゴリ:トラブル , 切ない話 , 夫婦 , 子ども , 子育て , 愚痴

571 :キチママさん 2016/05/30(月) 21:05:53 .net
うちの娘2歳半なんだけど、顔見たり家に居るだけで泣かれるんだけど。
さすがに辛くなって、昨日1人でコッソリ泣いたわ。

【報告者がry】子供「もうお父さん発表会に来ないで」俺「金が取れる舞台でもない癖に、お前らの自己満足を押し付けるな!」←それ以降、子供の態度が冷たいし、離婚用紙取りに行くかどうか迷ってる

2019年11月23日 カテゴリ:DQN , キチ , 報告者フルボッコ , 子ども , 愚痴 , 自業自得 , 離婚 , 非常識

833 :キチママさん 2015/08/09(日) 22:46:48 ID:zHMUQ1u6w
同僚や友人に愚痴ったらなんか皆に「お前が悪い」と言われる
どうせここでも叩かれるかもしれんが吐き捨てさせてくれうちは子二人。中学生の年子。
姉弟揃って同じ文化系(演劇・合唱・吹奏楽のどれかと思ってくれ)に入ってる
なんかその界隈では結構有名な強豪校らしい
で、今年の3月にその部活の発表会が市のホールであった訳よ
俺は一度も見に行ったことがなかったが、その日はたまたま嫁と観に行った
これが全ての間違いのもとだった発表会の前日、俺は飲み会だった
別に俺の都合じゃななくて会社のプロジェクト成功の打ち上げだった
かなり難航していた事業だったんでみんな成功をよろこんでドンチャン騒ぎ
俺も付き合いで3、4時まで飲んだ
当然、次の日は睡眠不足の二日酔い
更に正直大した興味もないジャンルの、中学生の発表だ。退屈で退屈で…眠気には勝てなかった
そして俺は客席でただ寝るだけじゃなく、どうやら大いびきかいてたらしい
隣の嫁が何度も揺すったけど起きてもまたすぐ寝落ちしたらしい
更に何度目かに起きた時に「うっせーな!」と大声で寝言?を怒鳴ったらしい
正直全部あんまり覚えてない
それくらい眠くてしんどかった

そしたら、発表会後に家に帰って来た子供らが
「もうお父さん発表会に来ないで」だと
何でも俺のいびきと寝言は舞台の邪魔になったらしく、
舞台裏で「あれ誰の家族だよ」と犯人探しみたいな空気になったんだと
(一般客なんか来るはずもないから客席はみんな学生の家族)
それ聞いて俺も悪いとは思ったよ
けど、少ない休みを具合の悪い中観に来た父親にその言い草はないだろとムッと来て
そっからちょっと言い争いみたいになって、売り言葉に買い言葉で
「金が取れる舞台でもない癖に、お前らの自己満足を押し付けるな」
「生意気な口は稼ぐようになってから叩け」
みたいな事を言った

【黒い話】幼い頃蒸発した父親が生活保護の申請をしたそうで、私の方に役所から「家族が扶助するように」という連絡が来た。だから、父親の口座に毎月5千円だけ振り込んでやる事にしたwww

2019年11月12日 カテゴリ:お金 , スカッとする話 , 子ども , 家族 , 復讐 , 自業自得

142 :キチママさん 2016/02/11(木) 18:35:20 ID:MFM
幼い頃蒸発した父親が生活保護の申請をしたそうで
私の方に役所から扶助するようにという連絡が来た父親の口座に毎月5千円を振り込んでる
たったこれだけでも娘からの援助があるとみなされて
生活保護の申請が通らないらしい
役所から再連絡があったら、その月だけ2万円入れて
次の月は3千円とかにしてる色々あって父親から私へ直接接触してくることは
ほぼ不可能

腰が悪くてまともに働けないらしいねお父さん
でもまあ5千円もあればしばらく食べていけるからね
ありがたく受け取って
クソ親父苦しめ

家族5人で焼肉屋に行くと、親父が「カルビ15人前、ホルモン15人前」って感じで注文する。だから俺はそれが普通だと思ってたのに、友達の前でやったらフルボッコにされたんだが?

2019年7月6日 カテゴリ:お金 , 友達 , 報告者フルボッコ , 家族 , 愚痴

649 :キチママさん 2013/10/18(金) 17:19:58 ID:jQA/VT+vK

友人が衝撃だった案件

俺の親父が中小企業の創業者
親父が小さい頃貧乏だった反動だと思うんだけど
焼肉屋に行く家族と5人で行って
カルビ15人前
ホルモン15人前
とか頼む、勿論食べ切れないから前持って家からビニール袋を持参し余った肉を持ち帰る
そんな育てられ方をした為、20歳頃始めて自分の金で友達と焼肉屋に行き
友達4人でまずカルビを10人前とか頼んだら友達全員からフルボッコにされた。

親父曰く折角贅沢するならみみっちい食い方はしたく無いそうだ。

【メシマズ】小学校低学年の頃、母の料理が原因で両親が離婚した。確かに実母の料理は「がっかり」だった記憶はあったが、父から聞いた話が酷過ぎて衝撃!→

2019年6月27日 カテゴリ:メシマズ , 修羅場 , 夫婦 , 家族 , 愚痴 , 衝撃的な話 , 離婚

856 :キチママさん 2017/06/20(火) 19:02:55 ID:yZl
料理の話で思い出した
両親の離婚原因が今で言うメシマズだったこと
小学校低学年の頃に離婚して私は父に引き取られて父方祖父母と暮らしてた
もう記憶も薄いけど確かに実母の料理は「がっかり」した記憶
未だに遠足のお弁当を漠然と「嫌なもの」に分類してる
祖母の料理は子供受けする洋食ではなかったけど今思うとかなり美味しかったな
父に離婚理由を聞いた時
「さく(当時の飼犬、皮膚が弱くて手作りフードをあげてた)の飯は調味料を入れないから犬の飯のほうが美味くてだんだん耐えられなくなった」
って話が衝撃的だった

彼女はIカップで家庭的な良い子、ただ顔は〇〇似。俺は親父に「人を見掛けで判断するな」と教えられて育ってきた。そしたら親父が今になって、自分の教え方に全力で後悔し始めたんだがwww

2019年6月27日 カテゴリ:ほのぼの , 夫婦 , 結婚

1 :キチママさん 2018/05/04(金) 06:27:08 ID:bIt834JF0.net

親父「なんであんな顔の子と結婚したの」

ワイ「家庭的やしええ子やからや」

親父「そうか…でもブスだよな」

ワイ「ワイが子供の頃に人を見かけで判断するなって言ったのは親父やで」

親父「そうだけど…」

自分の教え方に後悔してて草

夫が割り箸で輪ゴムが飛ばせる銃を作った。つられて息子の周りのお友達のお父さんも作るようになったんだけど、そしたらシンママが「お父さん自慢ずるい」って怒鳴り込んできたw

2019年6月19日 カテゴリ:キチ , トラブル , 修羅場 , 子ども , 自業自得 , 非常識

8 :キチママさん 2011/12/19(月) 01:13:37 ID:nMKCSOxG
夫が割り箸で輪ゴムが飛ばせる銃を作った。
小学校1年生だし…とカッターを使う所は夫が…って感じで
親子で改造していって、なかなか恰好が良くなってた。
それで息子の周りのお友達のお父さんも、作るようになったんだけど、
シンママが「お父さん自慢ずるい」って怒鳴り込んできた。
王子が可哀想!
○○さん貸してよ!(表札の筆頭名)と言われて
○○さんと私はどんだけ愛し合ってるか妄言まで吐いた。
そのシンママ、まだ23歳って言うのが自慢w
○○さんと愛し合った結晶が王子というなら16歳で85歳と…?
ありえん想像して、お腹抱えて笑ってたら、その○○さんが離れから出てきた。
○○おじーちゃん、愛人さんがお見えですよーっ!て声かけたら
おじーちゃんは愛人なんて囲った事はない!
なんて破廉恥な!とステッキ持って怒りまくるしwシンママは○○さんが夫じゃなくおじーちゃんだった事に怒って
「クソジジィ!」を連発。
普段紳士とは…とひ孫に言い聞かす、ジェントルなおじーちゃんは、
下品さにプルプルしてるし。
家中の人間が集まりだして、義父が「おじーちゃんの愛人だって?元気過ぎww」と笑いだして
おじーちゃんは、こんな商売女に手を出すほど…ry
シンママは、こんなクソジジィじゃなくって私さんの夫とっ!
夫は、えええ?名前も知らない愛人なんてっry
シンママ、こんな地味な糞アマなんか選んでっ!名前も教えなかった詐欺師!とカオス。

結局、義母&義姉の「ご飯!」という号令で、じゃ!と解散予定だったんだけど
何故か母屋に入ろうとするシンママw
女帝義母が「穢れは浄化!」とバッサーと塩をかけ終了。
鼻先でピシャっと戸を閉めてから、数分はいたみたいだけど気付けばいなくなってた。

自分という存在が、両親の愛の結晶ではない事を知った。今では「世の中には様々な形の家庭があるんだな」と納得できたけど・・・両親からされた告白の内容があまりにも衝撃的過ぎた→

2019年5月18日 カテゴリ:修羅場 , 夫婦 , 子ども , 子育て , 家族 , 衝撃的な話

886 :キチママさん 2016/07/13(水) 15:28:45 ID:F7H
自分という存在が、両親の愛の結晶ではなかったという事を知った時。
アレコレ書いてるとタヒぬほど長くなりそうだから簡潔に書くと、
・父は実はゲイ
・就職した会社での信用を得る為家庭を築き、子供を持ちたいと考える
・そんな時期に元カノに再会(元カノ=母。高校時代に母から告白され付き合うが父がゲイとして目覚め破局という過去。)
・懐かしさから2人で何度か遊ぶうちに母から「子供の為だけの家族をやってもらえないだろうか。」と言われる
・父が聞いたとこによると、母の父親が昔から理不尽な人物で、妻が働けば「俺様が寛容だから働かせてやってる。」、専業になれば「俺様を神だと思って敬え。」などと発言していた為、『旦那・夫』という存在が生理的に受けつけないらしい
しかし女に産まれたからには血を分けた実の子を産みたい、だから協力してくれないかと言われたそうだ
・ぶっちゃけ渡りに船な父、了承
・生活費などは毎月等分、家事は母、基本全て自由でいいが何よりも子供最優先、行事には必ず2人共が参加、決して子供に寂しい思いをさせる事はならないなどの決まり事を定めて結婚
・結婚後はとにかく子作りに励みまくって無事結婚した年に妊娠、翌年俺が誕生まさかこんなやり取りがあったなんてと愕然とした。
今では自分で「世の中には様々な形の家庭があるんだな。」と納得したが、カミングアウトされた直後は動揺したw
わりと頻繁に遊びに来てた父の友人は彼氏だったってのも驚いた。



Warning: Use of undefined constant left - assumed 'left' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kitimama/kitiken.net/public_html/wp-content/themes/pc/archive.php on line 50

人気記事

カテゴリ