タグ:骨折

俺が会社に江戸切子を持ってきたせいで、新人が足首を骨折する事態に発展したんだが←スレ民「江戸切子強い」

2018年7月11日 カテゴリ:DQN , キチ , トラブル , 修羅場 , 職場 , 自業自得 , 衝撃的な話 , 非常識

206 :キチママさん 2017/07/22(土) 07:47:27 ID:Qk7
暑くなったので、会社で使っている湯呑を
江戸切子のグラスに替えた翌日、隣の部署の新人がうちの部署に来て
マグカップを手にうろうろしていたと思ったら、
突然「あー、めまいがー」と言いながら、
俺のグラスにそのマグカップを叩きつけた
ところが、割れたのは新人のマグカップで、俺のグラスは無傷
新人「わざとじゃないんです」とほざいていたが
何を血迷ったか弁償として40万払えと言いだしたので
その場にいたこっちの部長交えて説教くれて追い払った
少しして、何をチクったのか隣の部長が来たが
こっちの部長と話して、俺に謝って帰っていった

その翌日、新人は遅刻した
杭打ち用の大木槌持って電車に乗ろうとし、駅員に止められたため
もちろん、そんなモン社内には持ち込ませなかったら
新人「あのグラスを割らなければ二度と出社しません!」とほざいて帰った
で、実際に出社しなくなり、隣の部署では揉めていたらしいが、
俺の知ったことじゃないのでスルーしていた

昨日、2週間ぶりに出社してきた新人は、
隣の部長ではなく俺のデスクに突っ込んできて、
俺のグラスをつかんで壁に投げつけた
が、グラスは割れずに床に転がった
すかさず新人グラスを蹴飛ばそうとするが、
今度は空振って爪先を壁にブチ込み、涙目で座り込んだ
無断欠勤を筆頭に勤務態度を理由とした退職の手続きを済ませてから医者に運んだら
打ち所が悪かったとかで足首の骨が折れていたらしい
連絡がついた父親は俺に平謝りしたが、
母親は「治療費と慰謝料を払いなさい!」と怒鳴り込んできて、父親に殴られていた

ちなみに、グラスは無傷だった
あの女、江戸切子に恨みでもあるんだろうか?

私の骨折してる私とトメでお出かけ。トメの目の前に妊婦さんがたった。トメ「嫁子、あんた妊婦さんがいるんだから立ちなさい!ほんと気の聞かないばかな子ねぇ!すいませんね、今空きますから(←妊婦さんに)」←別にいいけどさ・・・

2017年8月23日 カテゴリ:切ない話 , 嫁姑

345 :キチママさん 2005/09/27(火) 13:36:51
小さなスカですが聞いて下さい。
トメとの前々から約束でその日でかける事になってました。
私は今骨折してるのですが、どうしても
「嫁子と出かける!約束してたじゃないか!そんな時に骨折するなんて…ばかな子!」
と言い張るのでヌカヌカしながら電車で出かけた帰りの事です。
なかなか混み合った電車で、トメの座ってる目の前に妊婦さんが立ちました。
するとトメは「嫁子、あんた妊婦さんがいるんだから立ちなさい!
…ほんと気の聞かないばかな子ねぇ!すいませんね、今空きますから(←妊婦さんに)」
…私目がテン。確かに妊婦さんがいたから、どうしようかな…と、迷ってはいたけど…
というか、元気でぴんぴんしてるお前が立てよ!!…を妊婦さんと他のお客の手前飲み込んで立ちました。
妊婦さん:「いいですよ、骨折されてるそちらの方が…」
トメ:「いいんですよ!こ ん な の !おきになさらずに~」

そしてさらに、うちについて旦那とウト達に
「私が立って席譲ったのよ!ほんとこの子ったら配慮がないばかな子よね」うんぬんいわれたので、
「義母さん、私に立て、て言って御自身は座ってたじゃないですか。
その間も随分私は使えないだの、電車の中で文句おっしゃってたけれど…もしや記憶が…?ボケの始まりかしら…。
それと、私は「ばかな子」と言う名前ではありませんが…。義母さん何度もおっしゃるから…
私の名前わかりますか?ほんとに大丈夫ですか?
一回お医者ご一緒しましょうかね?(心配そうに)」
いつも全く口答え、嫌味、など言わなかった私。トメ、まさか口答えされるとは思わなかったんだろうな(笑)
真っ赤になって「嫁子のくせに生意気言うな!それが尊敬すべき人間に言う事か!!嘘つきめ!息子ちゃん、嫁子が…」
…と旦那に泣き付こうとしましました。

知的障害者が2歳の娘を襲ってきたので、娘に覆いかぶさり私は肋骨と骨盤の骨折、内臓を一部破裂させられ・・・

2017年2月14日 カテゴリ:修羅場

684 :名無しさん@おーぷん
娘が2歳のとき、街中で暴漢に襲われたことがある
相手は知的な障害のある人だったんだけど、ふいに何かがスイッチになってパニックになったらしくて
周りにたくさん人がいる中で、私の娘を標的に定めて襲ってきた
とっさに娘を抱え込んで亀みたいな体勢になるのが精一杯だった
結果的に私は肋骨と骨盤を骨折して内臓が一部破裂したけど、娘は服が汚れただけで済んだ
精神的な傷が怖くてずっと経過を観察してきたけど、特に記憶にも残らなかったみたいで
トラウマめいたこともなく、無事に成人してくれた

それから20数年たって、娘が嫁いでいくことになった
結婚前にお婿さんがうちに来て、お酒を飲みながら皆で娘の小さい頃の話なんかしてたんだけど
娘が「小さい頃、お母さんに襲われたことがあったよね」って言い出してええってなった
話を整理すると、
・デパートの前で大きなぬいぐるみを見てたらいきなりお母さんが抱きついてきた
・苦しくて離してって叫んでたのに離してくれなくてすごく怖かった
・お母さんの顔がすごく険しくて、かっと見開いた目が怖かった
娘の見た光景は、確かに暴漢に襲われたときのものと一致してた

これまで娘の傷を刺激してはいけないと思って当時のことは話したことがなかったんだけど
まさかそういうふうに記憶していたとはorz
真相を話したら驚いてたよw
そのあと披露宴で、母への手紙でその話に触れて
「私に子供ができたら、きっとお母さんみたいに命がけで子供を守れるような母親になります」
って言ってくれて泣けたw

すごく痛い思いをしたけど、今じゃ笑い話にできてよかった


人気記事